戦記

ポケモン

トップ

【戦績】

oras

s8 最高1957最終わからん

f:id:washrotomu:20190924221734p:plainf:id:washrotomu:20190924221720p:plainf:id:washrotomu:20190924221751p:plainf:id:washrotomu:20190924221727p:plainf:id:washrotomu:20190924221744p:plainf:id:washrotomu:20190924221900p:plain

sm  

s2 最高最終2002

f:id:washrotomu:20190924221740p:plainf:id:washrotomu:20190924221734p:plainf:id:washrotomu:20190924221948p:plainf:id:washrotomu:20190924222146p:plainf:id:washrotomu:20190924221921p:plainf:id:washrotomu:20190924221751p:plain

usum

s7 最高2050最終2025

f:id:washrotomu:20190924221734p:plainf:id:washrotomu:20190924221930p:plainf:id:washrotomu:20190924221737p:plainf:id:washrotomu:20190924221950p:plainf:id:washrotomu:20190924222430p:plainf:id:washrotomu:20190924222434p:plain

s8 最高最終2010

f:id:washrotomu:20190924221734p:plainf:id:washrotomu:20190924222557p:plainf:id:washrotomu:20190924221729p:plainf:id:washrotomu:20190924221928p:plainf:id:washrotomu:20190924222706p:plainf:id:washrotomu:20190924221948p:plain

s9 最高最終2018

f:id:washrotomu:20190924221734p:plainf:id:washrotomu:20190924222557p:plainf:id:washrotomu:20190924221729p:plainf:id:washrotomu:20190924221928p:plainf:id:washrotomu:20190924222706p:plainf:id:washrotomu:20190924221948p:plain

s10 最高最終2045

f:id:washrotomu:20190924221710p:plainf:id:washrotomu:20190924221717p:plainf:id:washrotomu:20190924221936p:plainf:id:washrotomu:20190924221950p:plainf:id:washrotomu:20190924221928p:plainf:id:washrotomu:20190924221921p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2018/07/10/160626

s11 最高最終2108

f:id:washrotomu:20190924221717p:plainf:id:washrotomu:20190924223143p:plainf:id:washrotomu:20190924221936p:plainf:id:washrotomu:20190924221950p:plainf:id:washrotomu:20190924221933p:plainf:id:washrotomu:20190924221742p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2018/10/07/171750

s12 最高最終2051

f:id:washrotomu:20190924221717p:plainf:id:washrotomu:20190924221928p:plainf:id:washrotomu:20190924221943p:plainf:id:washrotomu:20190924221729p:plainf:id:washrotomu:20190924221948p:plainf:id:washrotomu:20190924221747p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2018/11/06/165640

s14 最高最終2119

f:id:washrotomu:20190924221710p:plainf:id:washrotomu:20190924221958p:plainf:id:washrotomu:20190924221936p:plainf:id:washrotomu:20190924221950p:plainf:id:washrotomu:20190924221928p:plainf:id:washrotomu:20190924221723p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2019/04/02/190918

s15 最高2079最終2076

f:id:washrotomu:20190924223512p:plainf:id:washrotomu:20190924221734p:plainf:id:washrotomu:20190924222706p:plainf:id:washrotomu:20190924221940p:plainf:id:washrotomu:20190924221930p:plainf:id:washrotomu:20190924221954p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2019/06/18/085156

s16 最高最終2069

f:id:washrotomu:20190924221717p:plainf:id:washrotomu:20190924221928p:plainf:id:washrotomu:20190924221943p:plainf:id:washrotomu:20190924221729p:plainf:id:washrotomu:20190924221930p:plainf:id:washrotomu:20190924221747p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2019/09/03/134055

剣盾

s1 最終2240

f:id:washrotomu:20190924223512p:plainf:id:washrotomu:20191219085146p:plainf:id:washrotomu:20190924221723p:plainf:id:washrotomu:20191219085724p:plainf:id:washrotomu:20190924221744p:plainf:id:washrotomu:20200101190005p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2020/01/01/191906

s6 最終2116

f:id:washrotomu:20190924223512p:plainf:id:washrotomu:20200828075520p:plainf:id:washrotomu:20200828075529p:plainf:id:washrotomu:20190924222706p:plainf:id:washrotomu:20190924223143p:plainf:id:washrotomu:20190924221933p:plain

 s10 最終2105

f:id:washrotomu:20201001101502p:plainf:id:washrotomu:20201001101745p:plainf:id:washrotomu:20201001102404p:plainf:id:washrotomu:20201001102704p:plainf:id:washrotomu:20201001103111p:plainf:id:washrotomu:20200229004155p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2020/10/01/121348

s12 最終2077

f:id:washrotomu:20201201112518p:plainf:id:washrotomu:20201201112528p:plainf:id:washrotomu:20201201112538p:plainf:id:washrotomu:20201201112549p:plainf:id:washrotomu:20201201112558p:plainf:id:washrotomu:20200229004155p:plain

s15 最終2110

f:id:washrotomu:20210301082634p:plainf:id:washrotomu:20210301083131p:plainf:id:washrotomu:20210301083951p:plainf:id:washrotomu:20210301084139p:plainf:id:washrotomu:20210301084334p:plainf:id:washrotomu:20210301084526p:plain

https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2021/03/01/114123

s21 最終2117
s22 最終2114
s23 最終2118

f:id:washrotomu:20210301082634p:plainf:id:washrotomu:20210901092809p:plainf:id:washrotomu:20210901092802p:plainf:id:washrotomu:20210901092818p:plainf:id:washrotomu:20210901092753p:plainf:id:washrotomu:20210901114329p:plain
https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2021/09/01/120453
https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2021/10/01/110655
 https://washrotomu.hatenablog.com/entry/2021/11/01/114214

ポケモン対戦における「プレイング」の正体

長いことポケモンから離れていて更新機会が全くなかったのでコラム的な記事を書いてみようかなと。間違ったことを書いているかもしれないのですぐ消すかもしれません。

 

ポケモン対戦での相手批判として「初手からリスクを背負う行動をするな」だとか「相手まだ択を先延ばせただろ」だとか、聞いたことある人もいるんじゃないでしょうか。

なんとなくですがこの界隈では安定行動(リスクの少ない行動)が美徳とされている節があると感じています。というか自分も7世代の時はそういう考えを持っていました。

 

ですがそれは間違いだということに8世代になってから気付きました。しかし何がどう間違っているのかと聞かれると難しく、モヤモヤとしていたところ、ある記事に出会い、モヤモヤが解消されました。

 

firefly1987.blog.fc2.com

 

ジロウ氏の立ち回りの理論の記事です。有名なブログのためご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

記事より、ポケモン対戦のプレイングが上手い人とは、「他の手に支配された戦略を取らない人(他の手の劣化になる手を選ばない人)」、「現実に存在するナッシュ均衡点からのズレを感覚的に理解できる人」のことを指します。

前者は自明なことだからいいとして、重要なのは後者の「ナッシュ均衡からのズレを感覚的に理解できる人」です。どういうことなのかというのを簡単な例で示します。

 

自分側:メガゲンガー(hp51%) 身代わり(残りpp2)、シャドボ

 

相手側:メガクチート(シャドボで落ちるhp) ふいうち はたき落とす

 

お互いラス1
(身代わりの残りppが2とかありえないだろって思うかも知れませんがそういうものだと思っておいてください)

 

自分側が一回択を先延ばしにできる有利択です。この時自分の勝率は理論上66.6%になります。

しかしながら、”ポケモンが上手い人”というのは、この理論上の勝率よりも高い勝率を得ていると自分は考えます。

というのも、ゲーム理論では相手が選ぶ手というのはナッシュ均衡に収束するとされていて、この場合不意打ちが選ばれる確率が33.3%、はたき落とすが選ばれる確率が66.6%に収束するはずですが、ポケモンというゲームにおいては必ずしもそうはなりません。

つまり不意打ち、はたき落とすのどちらかに確率が偏るんです。ならば偏った方に対し強い手を選べば勝率は上がるという訳です。じゃんけんでグーが出される確率が他の手より高いからパーを出すべきって話と同じです。

 

今の例だと単純すぎて偏りは小さいでしょうが、もっと複雑で取り得る戦略が多い場面、例えば試合の序盤なんかでは特に偏りが激しいと思います。

そんな中で所謂”ポケモン強者”はその偏りを感覚的に見極め理論上の勝率よりも高い勝率を得ているというわけですね。

 

よく言われる「ポケモンが上手くなるには対戦回数をこなすのが一番」というのは、この偏りを察知する感覚を身につけるにはそりゃたくさん対戦しなきゃ身につかないよねって話です。

 

また、同じ並びの構築を継続して使う場合はこの感覚を身につけるという点でかなりの効果を期待できます。そりゃずっと同じポケモンを使っているので対戦を重ねることで選出等相手の選びやすい手が段々わかってくるでしょう。自分自身剣盾のs21~s23において同じ構築で右肩上がりに成績を伸ばせたのはこのような側面があったと思います。巷で言われる「練度」の正体もこれです。

 

 

 

というわけで、今回はプレイングに関する記事を書いてみました。

アシキ杯準優勝

バシャーモ@命の珠 意地as252d4 加速

フレドラ/インファイト/バトンタッチ/守る

 

ピクシー@食べ残し 図太い h252b180s76 天然

ムンフォ/放射/瞑想/月の光

 

ハッサム@ラム 意地 h252a76d180 テクニシャン

バレパン/蜻蛉/羽休め/ねごと

 

ロトム水@オボン 図太い h252b252c4 ふゆう

ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/たたりめ/鬼火

 

グライオン@毒毒玉 腕白 h212a44b252 ポイズンヒール

地震/燕返し/蜻蛉返り/守る

 

シザリガー@気合いの襷 意地as252d4 適応力

クラブハンマー/はたき落とす/アクアジェット/剣の舞

 

 

結果:準優勝

コロシアムがレート制でない限りBDSPはもう触らないので区切りとして。
最終試合は通常勝てないはずの蓄えるヌオーに対し急所を引き運勝ちできそうでしたが、詰め方を間違え負けてしまいました。悔しいです。

【s23最終12位】カバザシノラゴン3

f:id:washrotomu:20211101101228j:plain


並びは前期、前前期と変更なし。

 

構成は前期からの変更点として、

ザシアン:身代わり→ワイルドボルト

ウオノラゴン:けたぐり→ドラゴンダイブ

Gファイヤー:悪巧み→挑発、ラムの実→食べ残し

Gヒヒダルマ:蜻蛉返り→アームハンマー

 

ヒヒダルマは前期同様意地っ張りで使ったが、ザシアン対面で同速で負ける試合がかなり多かったのでおそらく陽気の方がよかったと思う。

 

TN ろろらいな 最終2118 12位

TN Vector3    最高2109最終2074 25位

f:id:washrotomu:20211101110326p:plain

 

シリーズ10全てのシーズンで2100を達成出来て満足です。

8世代はルールが変わった最初のシーズンだけやればいいくらいの感覚でやっていましたが、この3ヶ月間はs22の中盤を除けば常に高いモチベーションを維持出来ました。

正直まだこのルールをやり足りていないのでいつかまた出来る機会があったらなーとか思ってます。

【s22最終20位】カバザシノラゴン

f:id:washrotomu:20211001093501p:plain

【構築経緯】

f:id:washrotomu:20210301082634p:plainf:id:washrotomu:20210901092809p:plainf:id:washrotomu:20210901092802p:plain
前期ほぼ全ての構築に対しカバザシノラゴンと選出し2100を超えることが出来たので、これが強いだろうと思いこの3匹からスタート。

f:id:washrotomu:20210901092818p:plain

カバザシノラゴンのミラーやマンムーに対し多分強いロトム水を採用。

f:id:washrotomu:20210901092753p:plain

砂下ウオノラゴンの上を取ってくるスカーフ黒バドに負けるのでファイヤーを採用。

f:id:washrotomu:20210901114329p:plain

しっくりくるポケモンが見つからないのでザシアン軸に出せて無難に強いスカーフ枠としてヒヒダルマを採用。

 

結局前期と同じ並びになった。

 

【型紹介】

f:id:washrotomu:20210301082634p:plain

カバルドン@ゴツメ 腕白h252b172d84

地震/吹き飛ばし/あくび/ステルスロック

 

今季も9割近く出していた。このポケモンがいるかいないかでは試合の組み立てやすさが段違い。

 

f:id:washrotomu:20210901092809p:plain

ザシアン@朽ちた剣 意地h236a236b12d20s4

巨獣斬/じゃれつく/電光石火/身代わり

 

メタモン入り構築はカバルドンに対して一匹寝かせて突破してくるケースが多いので、今季は身代わりが強かったと思う。メタモン入りに対してもカバザシノラゴンと選出したいため、素早さはスカーフメタモンにコピーされても砂下ノラゴンで上を取れるこの数値がベスト。

 

f:id:washrotomu:20210901092802p:plain

ウオノラゴン@拘り鉢巻 意地as252d4 すなかき

エラがみ/逆鱗/地震/けたぐり

 

一般ポケモンでは最強格だが、強すぎるがゆえにトリトドン等のメタを仕込まれていることが多く前期ほどは選出頻度は高くなかった。

 

f:id:washrotomu:20210901092818p:plain

ロトム水@オボン 図太いh252b100c148d4s4

ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/鬼火/リフレクターor電磁波

 

マンムーにそれなりに強いのが魅力。物理偏重構築に対しては鬼火やリフレクが有効に働き、ザシアンの身代わりが残せる盤面を作りやすい。電磁波は運が絡むが、こちらもザシアンの身代わりを残せる手段となるため強かった。しかし、トリトドンとやたらマッチングしたため出したくても出せないことが多かった。

 

f:id:washrotomu:20210901092753p:plain

Gファイヤー@ラムのみ 冷静h252b28c228

燃え上がる怒り/エアスラッシュ/不意打ち/悪だくみ

 

ザシアン構築に出せないという明確な弱点があるが、出せる構築に対しては滅法強い。単に黒バドレックスに強いだけでなく、中途半端な受けサイクルに有利を取れることが多い。

 

f:id:washrotomu:20210901114329p:plain

Gヒヒダルマ@拘りスカーフ 意地h4as252

氷柱落とし/フレアドライブ/地震/とんぼ返り

 

陽気だとhbサンダーやh振りザシアンに対して乱数が絡むので意地。ザシアンやムゲンダイナ構築以外にあまり投げないので、意地のデメリットは相手のザシアンが最速の場合同速になる点くらいだが、そこは割り切って上を取る前提で動いた。環境に疎いのでどれくらい最速ザシアンがいたのかはわからないが、5回ほどザシアンに対して突っ張り全て上を取ってくれた。

 

 

受けループ(特にホウオウ入り)には不利だったが、それ以外の構築には有利か微不利程度だったので弱い構築ではないと思う。

 

TN ペルシャ 最終20位

f:id:washrotomu:20211001110518p:plain

 

【感想】

今季は最終日5日前くらいに急にモチベが上がりそこからのスタートだったため1ロムでやってました。今までチキンレースばかりしてきたので高い方を動かし続けるのは新鮮で楽しかったです。

s21

 

カバルドン@ゴツメ 腕白h252b172d84 地震飛ばしステロあくび

ザシアン@朽ちた剣 意地ha252b4 巨獣斬じゃれワイボインファ

ウオノラゴン@鉢巻 意地as252d4 エラがみ逆鱗ドラゴンダイブ地震 ※砂かき

ロトム水@オボン  図太いh252b100c148d4s4  ハイポンボルチェン鬼火リフレク

ファイヤー(ガラル)@ラム 冷静h252b28c228 燃え上がる怒りエアスラ不意巧み

ヒヒダルマ(ガラル)@スカーフ 陽気as252h4 氷柱フレドラ地震蜻蛉

 

9割以上カバルドンを選出してました。

 

TN ラフィソル 最終2117 45位

他最終2000台のロム二つ

 

2000まではカイオーガを使っていましたが、自分の実力ではオーガで強い構築を作れずザシアンに移行しました。

 個人的に8世代では一番楽しいルールだっただけにもう少し上位まで行きたかったのですが、オーガ構築を解体してからじっくり構築を考えるのをやめてしまいこれ以上勝てる自信がなかったのでストップしました。

 

伝説&ダイマなしがきたらたぶんまたやります

スパイクチャレンジ

カバルドン@オボン hbd  地震欠伸吠えるステロ

カイリュー@ブーツ has 逆鱗ダブルウィング竜舞羽

エースバーン@スカーフ as  火炎ボール膝アイヘ蜻蛉

ロトム水@カゴ hbc ハイポンボルチェン鬼火眠る

ピクシー@火炎玉 hb ムンフォ瞑想トリック月の光 ※マジガ

ウーラオス悪@鉢巻 as 強打インファ不意打ちアイヘ

 

環境が定まってないので特定の構築にメタを張るということはせずに、相手のポケモンに対し様々な処理ルートを用意することを意識して構築を組みました。

その割には相手のサンダーの処理が曖昧だったのと、命中不安が多いのが弱いポイントでした。

 

TNごうたろう 最終1815 14位

f:id:washrotomu:20210322140351j:plain

 

待望のルールでしたが、コケコツルギ等使いたい準伝ポケモンが使えないのに何故か嫌いなサンダーが使えるということでかなり萎えてました。

準伝全解禁かつダイマ禁止のルールがいつかランクマッチで実装されて欲しいですね。